パーソナルトレーニングを受ける時の服装どうする?|チェックポイント紹介

パーソナルジムQ&A

パーソナルトレーニングを受ける時の服装はどうすればいいか悩みますよね

ランニングウェアでいいのかな?とか靴はランニングシューズでもいいのかな?と色々迷ってしまいます。

ジム紹介のモデルとかはスポーツブラで露出多めだったり、スタイルがよく見えるレギンスだったりをよく見ます。

本記事ではパーソナルトレーニングを受ける時に注意したい服装のチェックポイントを紹介します。

トレーニングウェアは動きやすいものを選ぼう

ポリエステル素材は動きやすいからスポーツウェアによく採用されてるよ

スポーツメーカーはポリエステル素材や綿素材など用途に合わせて様々な素材を用意しています。

トレーニングに最適なトップス、ボトムス、シューズなど順番に見ていきましょう。

トップス

まずは素材別の特徴を見ていきましょう。

素材 メリット デメリット
ポリエステル しわになりにくい 変色しない 型崩れしにくい 静電気 よごれがつきやすい
綿 吸水性が高い 肌ざわり 丈夫 乾きにくい シワ 縮みやすい
ウール 暖かい 涼しい 型崩れしにくい 縮みやすい 敏感肌は注意 毛玉
ナイロン 速乾 頑丈 色移りしにくい 紫外線に弱い ストレッチ性がない 静電気

それぞれメリットとデメリットがありますが、この中の素材から選ぶようにするといいでしょう。

おすすめはポリエステル素材です。

頑丈で毎日着ても型崩れせず、時期を選ばず万能です。

特にパーソナルジム内は温度管理が徹底されています。

時期を問わず半袖やタンクトップで快適にトレーニングが出来る環境が用意されているので、ウール素材のような温かい服装で行く必要もないでしょう。

無難に行くならポリエステル素材のTシャツがベストチョイスです。

Tシャツのサイズ感

サイズ感はジャストサイズからオーバーサイズまでポリエステル素材であれば動きに支障はきたしません。

体型は出来るだけ見られたくないからワンサイズ大きめとかでも大丈夫です。

オーバーサイズのデメリットは鏡でフォームチェックをする際、腕や胸の動きが確認しずらくなるのでジャストサイズが無難ではあります。

女性ならスポーツブラでもOK

トレーニング用のスポーツブラは動きやすくズレにくいように設計されています。

スポーツブラの最大のメリットは筋肉の動きをしっかりチェックできる点です。

総合型ジムであれば男性の目線など気になるかもしれませんが、マンツーマンであれば問題ありません。

トレーナー目線でも筋肉の動きを確認しやすいのでお互いにとってメリットが多いです。

インスタなどSNS映えもしますからスポーツブラがおすすめです。

男性ならタンクトップ

タンクトップは肌の露出が多いので筋肉の動きを確認しやすくなります。

また鏡で自分の体型をチェックできるので身体の変化をダイレクトに実感できます。

Tシャツだと胸や肩、背中まで隠れてしまうのでデメリットが多いです。

総合型ジムで勤務している私でもタンクトップの男性はよく見かけますので、抵抗感がなければタンクトップがおすすめです。

冬に羽織るならパーカー

冬場のトレーニングルームは暖房を入れて半袖で快適な温度に調節しています。

自宅からジムへ向かう際やウォーミングアップで身体を温めるのに最適なのがパーカーです。

ジップでもプルオーバーでも好きなものを選びましょう。

すぐに着れてすぐに脱げるパーカーは一枚あるととても便利です。

ボトムス

トレーニング向けのボトムスは大きく以下の通りです。

種類 メリット デメリット
レギンス(タイツ系) 体型チェック出来る おしゃれ 動きやすい 日常使いも 特になし
ショートパンツ 動きやすい 筋肉の動きが見やすい 特になし
スウェット 楽 上級者感が出る 熱がこもりやすい
ジャージ 気軽  部活感が出る

レギンス

女性に一番おすすめはレギンス。

ボディラインが引き締まって見えて腿まわりもスタイルがよく見えます。

スポーツブラと合わせるとおしゃれに決まるのもいい点。

脚のトレーニングをする時など骨盤の動きや太もも周りの動きをチェックしやすいので、トレーナー側も動きを確認しやすくなります。

なので、ヨガパンツを持っていればそれでいいですし、ランニング用のロングタイツでもトレーニングには最適です。

ショートパンツ

ポリエステル素材が吸汗速乾性が高いのでおすすめです。

薄い生地だと太もも周りを動かしやすくなります。

なので、サーフ系によくある内側にメッシュ素材があったり分厚い生地のものは避けましょう。

ここで注意したいのは、寝た状態で脚をあげる動作などでインナーパンツまで見えてしまう可能性があるので、柔らかすぎる生地は避けるかスパッツをはくのがおすすめです。

ランニングタイツなどとショートパンツを合わせるのもおしゃれに決まりますよね。

スウェット

ラフスタイルでゆるくトレーニングを楽しみたい方におすすめです。

ただデザインのまったくないスウェットだとだらしくなりがち。

スポーツブランド名がわかるものをチョイスするとおしゃれに決まります。

ジャージ

どうしてもデザイン面でダサくなりがち。

学生時代の名残でジャージ生地を好む方はいますが、部活感が出るのでおすすめできません。

おすすめはランニングパンツなどの足首にかけて細くなるデザインだとおしゃれに決まりやすいでしょう。

シューズはクッション性の低い物を選ぼう

ランニングシューズやバスケットボールシューズなどクッション性のあるものは避けましょう。

クッション性が強いものは重心バランスをとりにくくなります。

特にスクワットなどは地面をしっかりと指から足のひらまでしっかりと地面を掴んでいるのが理想です。

安定感の強いものは底が固いシューズです。

コンバースやクッションの薄いものを選ぶようにしましょう。

インナーパンツ

スポーツブランドのものは吸汗速乾性に優れているので汗じみが目立たなくなるのでおすすめです。

綿素材のものは乾きにくいので汗じみが目立ちがち。

ナイロンやポリウレタン素材のものを選ぶようにしましょう。

 

ウェアと一緒に揃えたいグッズ

あったら効率よく目的を達成できるものを紹介するよ!

トレーニング効率を最大限高めるためにはやはりアクセサリーは必要です。

あったら便利だったり怪我の予防になるものを紹介します。

パワーベルト

背骨の保護にベルトがあったら非常に便利です。

パワーベルトのメリットをあげると

・ウェストを細くする

・背骨の保護

・腹筋の力がいらない

ベルトは非常にきつく締めあげる必要があるのでウェストが細くなりやすいです。

腹筋の力が弱くてもベルトをきつく締めることで腰痛予防になります。

なので持っていると非常に便利なアクセサリーの一つです。

パワーグリップ

これらはバーベルやダンベルを持つ時にまいてあげることで握力を必要としなくなります。

特に背中のトレーニングなど広背筋を鍛えたいのに握力が先にもたなくなってしまうなどよくあります。

握力の代わりにパワーグリップが働いてくれるのでより効かせたい部位に集中できるようになります。

リストラップ

リストラップは手首の保護が目的です。

不意に手首に負荷がかかって変な方向に向いてしまうなど予防してくれます。

腱鞘炎になりやすい方や骨が頑丈ではないと感じている方は手に入れたほうがいいでしょう。

迷ったらレンタルウェアにしよう

色々試着してみたけどどれ選べばいいか悩む!

パーソナルジムではウェアからシューズまで貸し出ししているところが多いです。

手ぶらでジムに行ってシャワーもレンタルタオルで済ませることが出来るサービスが充実したところだと悩まずに済むでしょう。

レンタルしてみて実際に自分に合ったウェアを買うなどでも遅くありませんのでレンタルサービスのあるパーソナルジムを探すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました